一日葬のメリット

一日葬のメリット

一日葬のメリット 一日葬は、ワンデーセレモニーとも呼ばれており、都心部を中心に利用する人が増えています。
本来であれば、通夜と葬儀・告別式を二日間かけて行うところを一日で火葬まで行ってしまいます。
通夜を行いませんが、他は一般的な葬儀と同じです。
遺族の精神的・体力的負担を軽減することができ、二日分の飲食や返礼などにかかる費用も抑えることができるので、金銭的な面でも負担を減らすことができます。
慰問客にとっても二日間行う葬儀を一日で終えるので、宿泊する必要がなく日帰りという選択肢が増えるメリットは大きいでしょう。
家族や親族のみで執り行われる家族葬とは違い、一日葬では、一般参列者の参加や香典を受け入れることもできます。
通夜や葬儀・告別式を行わずに火葬のみを行う直葬とは違い、葬儀を行っているので遺族側も気持ちの区切りをつけることができ、周囲の理解を得られやすい面があります。
大切な人との最期の別れを真摯に向き合う時間を持つことができます。

一日葬のデメリット

一日葬のデメリット 一日葬は体力的・精神的負担を軽減できます。
通夜を行わないので1日で火葬まで行うことができ、費用も抑えることができるなどメリットがたくさんありますが、デメリットもあります。
一日葬は2日分の内容を行わなければならないので11時や12時頃から始めることが多いです。
そのため日中仕事や学校がある場合、故人とゆっくり最後の別れができない人が出てくるかもしれません。
親族や友人に事前に了承を得てから一日葬の検討を行うのが賢明ですが、通夜のように故人とゆっくり過ごすことは難しく、親族から反対されてしまうこともあります。
さらに、特に仏式は通夜・葬儀・告別式と一連の流れが重要視されているので、お寺や参列者からも反対される場合があります。
葬儀に関わる人々の理解を得ることが大切です。
また、1日だからといって全ての費用が半分になる訳ではありません。
宗教者への「お布施・お礼」は減額できず、式場代が2日かかる場合もあるので注意しましょう。

新着情報

◎2018/12/5

一日葬で僧侶に支払うお布施
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

一日葬の葬儀形式
の情報を更新しました。

◎2018/7/5

打ち合わせでの確認事項
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

一日葬のメリット
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「一日葬」
に関連するツイート
Twitter