最新の一日葬情報まとめ

一日葬の気をつけたいポイント

一日葬の気をつけたいポイント 今ではお葬式のかたちがいくつか提案されていますので、故人の遺志や遺された家族が一つではない葬式の形を選ぶことが可能となっています。
その中に「一日葬」というものがありますが、この「一日葬」で気をつけたいポイントとしましては、一般的なお葬式にみられるお通夜を執り行わないものになりますので、亡くなったことを知らせる際には注意しなければならないでしょう。
それから、告別式と火葬を行う場所に遺体を移送してもらう前の段階で、息を引き取った場所が病院の場合は自宅に一度戻るかなどを決めておくことが大切になります。
「一日葬」という葬儀の形式は近年では増えてきていると言われますが、高齢者など馴染みが浅い方もいることでしょうから、気をつけたい大切なポイントとして亡くなった事を知らせる際には丁寧に説明することを忘れないようにしたいものです。
また、事前にお葬式についての形を相談しておく準備などをすることも大事になります。

「一日葬を選ぶ人」の割合

「一日葬を選ぶ人」の割合 葬儀は、長く続く経済不況や葬儀業者と葬式仏教界との癒着がメディアで特集された事もあり、シンプルかつコンパクトな葬儀の家族葬が主流になっているだけで無く、通夜を行わない一日葬や通夜も告別式も執り行わない直葬の割合が急激に増加しています。
関東地方では、葬儀全体の6割以上が家族葬だと言われ、6件に1件が通夜を行わない直葬となっています。
一日葬は、家族葬よりも少ないものの直葬よりも多く執り行われている事から3件に1件程度の割合で行われているとされ、現在の天皇も皇族の通夜にあたる殯の実施を事実上取りやめた様に一般庶民の間でも通夜は行われなくなっているのが現状です。
通夜は、遺体を数カ月から3年程度安置し白骨化させて精神的にも肉体的にも死を確定させる殯を起源とするとされ、現在では遺体に邪悪な物が取り憑かない様に夜通し行われて来た通夜が夕方2時間〜3時間程度の半通夜に変化して来ているので時代の変化に伴う宗教観の変化です。

新着情報

◎2018/7/5

打ち合わせでの確認事項
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

一日葬のメリット
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 ポイント」
に関連するツイート
Twitter